買わないスキルは一生もの。廃棄物、価値のないとされているもの、見えないもの、ある程度の情報、ツカミどころのないものほど使い放題。

日用雑貨 手作り

☆竹 日用品

私は芸術家でも職人でもありませんから、竹の生態と性質を知り、時代・環境・社会・自分すべてに対して良いと納得できることを選択します。
竹小物
箸箱、爪楊枝入れ、ペーパースタンド、カスタネット、エンピツ立て、鍋敷き、コップ、 耳かき。
竹ざる
水切りができる形状のものを笊(ざる)いう。カビやすいので節間を開けている。巻篠のかわりにカラムシ(苧麻)の皮。
風車
かざぐるま。竹部分の作りかたはネット検索。
かざぐるま
黄色の丸部分が違っています。ここはクロスさせる部分です。3回くらい作りなおすと、コツがつかめます。 かざぐるま
前後のストッパーには、最も簡単な方法として、邪道ですが市販のビーズを使用。ビーズの穴にぎりぎり入る太さに竹を削り、ぎゅっと押し込む。
羽は、障子紙を絵具でテキトーに色づけし、ろう引きして(屋外に設置のため)はっ水加工。羽の形状によってまわり方が全然違います。角度をつけないとまわりません。前方からの風なら綺麗にまわりますが、窓を閉めた状態のベランダは乱気流のため安定してまわりません。
竹製品
真竹に篠竹2本を刺し、足の固定に端材。
竹笛
竹笛。単音ではつまらないので、テキトーに穴を開けてみた。音階はないけれどいい音がする。音の出るしくみが分かったので、いつか篠笛も作れるぞ。。。吹き口の形づくりには、カマボコの板を使用。柔らかくて微調整がしやすい。
扇子
扇子スタンド。
扇子ケース
和紙のケース。布だとサッと出し入れできない。紙だとゴワゴワ。和紙はちょうどよい形状保持感。ハトメ部分に紐などを通してバッグにかけられるようにした。

竹の性質

竹製品
(1)乾燥させた後、縦に割ると3ミリほど開きました。さらに時間をおくと、1センチ近くまで開きました。
(2)コップ状に切っただけの竹は、ほぼ割れています。外側を削ったものは、1年以上経っても割れていません。
乾燥により水分が蒸発すると、筒状のものは外側で収縮率が高いため、外側から割れが入ることが分かります。

☆加熱して曲げを固定

竹製品
竹は油分を多く含んでいます。ガスコンロで曲げたい箇所を加熱。すぐ曲がり始めますが力加減が強いと割れます。厚みがあるとハンガーくらいに曲げるのがやっとですが、2ミリほどに剥ぐと、容易に曲がります。
長さ16㎝ほどのトング。弾力が出るのが竹の使えるポイント。彫刻刀でうっすらと山型と丸型にカット。

☆おまけ。

竹の薄皮 
植物は膜をつくるのが得意? 竹の内側の膜です 450倍
実際はもっと、ステンドグラスのように輝いてます。

野草

4月に入って急に畑を返すことにした事もあり、身近な植物に助けてもらおうと思います。

シナノタンポポ花弁の鮮やかな発色→ハッピーブレッド

たんぽぽパン

畑でなくともミニトマト

ミニトマト袋栽培
一昨年採取の貴重な種を4月撒き加温なし。庭土・赤玉・腐葉土、かきがら石灰、生ごみたい肥、その他のたい肥。6月上旬、ようやく第一花房のつぼみ。

リメイク

着物リメイク作務衣
着物から3日で仕上げるリメイク作務衣、2着目。手縫い。 1着目の振袖リメイクは一張羅だったので、もっと気軽に着るようにと、古着屋で出会って「かわいい!」と入手。好きな青とピンク、花と唐草文様がステキ
通常の着物だと着丈、幅とも足らない。私のサイズなら背幅25㎝、前の合わせ部分の幅を5㎝カットし、合わせの角度を変える。生地がやや硬めなので、そのほうがごわごわしないし、ゆるめに結わえてラフな感じ。
袖はほどいて縦を横に合わせなおすと、肩上の合わせから40㎝とれる。桁丈(首から袖口まで)約70㎝。
足し布
ズボンを90㎝丈にするため、10㎝ほど足し布を要する。左右の型紙の取り方が悪くて2㎝もずれてしまったから、帳尻合わせになった。柄物なので、あまり目立たない。
着物リメイク
平織りの生地は、伸縮しないので羽織る。