調和の暮らし Mandala Life 
買わないスキルは一生もの。廃棄物、価値のないとされているもの、見えないもの、ある程度の情報、ツカミどころのないものほど使い放題。

日用雑貨 手作り

☆竹 日用品

竹小物
箸箱、爪楊枝入れ、ペーパースタンド、カスタネット、エンピツ立て、鍋敷き、コップ、 耳かき。
竹ざる
水切りができる形状のものを笊(ざる)いう。カビやすいので節間を開けている。巻篠のかわりにカラムシ(苧麻)の皮。
風車
かざぐるま。竹部分の作りかたはネット検索。
かざぐるま
前後のストッパーには、最も簡単な方法として、邪道ですが市販のビーズを使用。ビーズの穴にぎりぎり入る太さに竹を削り、ぎゅっと押し込む。
羽は、障子紙を絵具でテキトーに色づけし、ろう引きして(屋外に設置のため)はっ水加工。羽の形状によってまわり方が全然違います。角度をつけないとまわりません。前方からの風なら綺麗にまわりますが、窓を閉めた状態のベランダは乱気流のため安定してまわりません。
扇子
扇子スタンド。
扇子ケース
和紙のケース。布だとサッと出し入れできない。紙だとゴワゴワ。和紙はちょうどよい形状保持感。ハトメ部分に紐などを通してバッグにかけられるようにした。

竹の性質

竹製品
(1)乾燥させた後、縦に割ると3ミリほど開きました。さらに時間をおくと、1センチ近くまで開きました。
(2)コップ状に切っただけの竹は、ほぼ割れています。外側を削ったものは、1年以上経っても割れていません。
乾燥により水分が蒸発すると、筒状のものは外側で収縮率が高いため、外側から割れが入ることが分かります。

☆加熱して曲げを固定

竹製トング
竹は油分を多く含んでいます。ガスコンロで曲げたい箇所を加熱。すぐ曲がり始めますが力加減が強いと割れます。厚みがあるとハンガーくらいに曲げるのがやっとですが、2ミリほどに剥ぐと、容易に曲がります。
長さ16㎝ほどのトング。彫刻刀でうっすらと山型と丸型にカット。厚みがあると弾力が強すぎ掴むのに力がいるので、曲げの部分だけ厚さを薄く細くしました。

☆おまけ。

竹の薄皮 
植物は膜をつくるのが得意? 竹の内側の膜です 450倍
実際はもっと、ステンドグラスのように輝いてます。

微生物

発酵:食

発酵も変質なので、発酵がいいわけではない。
低分子に分解して体内で吸収しやすくする・有害成分を分解する・有用成分を増加させるなどメリットがあれば発酵させる。

麹菌(アスペルギルス属・オリゼー)の酵素利用。
左:小麦麹 右:豆麹
麦麹豆麹
猛暑の中、常温で2日間、発酵させた。豆麹は納豆菌にやられやすいとか。邪道ですが酢を加えた水に浸水して茹でました。麹菌は灰を加えて培養するくらいアルカリに強いですが、納豆にしたくないので酸性に傾けました。少量ずつ5回以上やってみて失敗はゼロ。13%の塩で熟成させて旨み調味料のようにします。
プロテアーゼ:大豆や穀物のたんぱく質を体内で吸収しやすいアミノ酸に分解。
タンナーゼ:渋みとなるタンニンを分解する(味覚改善)。タンニンはポリフェノールですが薬毒同源。
アミラーゼ:糖化(高分子の炭水化物から甘みを感じる、酵母が利用できる糖に分解)。
炭水化物(多糖類)のでんぷん(C6H10O5)nに加水、+n(H2O)→(C6H12O6)nブドウ糖(単糖)

野草

身近な植物の利用:食


☆シナノタンポポ花弁で色鮮やかなブレッド

タンポポ入りブレッド

☆エディブルフラワー メマツヨイグサ

きゅうりと月見草のサラダ

☆どんぐり

どんぐりうどん
ミズナラのどんぐり あく抜きマッシュ冷凍 その後。重量で25%(乾燥してないので容量としては少ない)混ぜた中力粉でうどんを打った。茹でる前まではよかったものの、茹でたらぶちぶち切れてしまった。どんぐりに含まれるタンニンは水溶性でタンパク質と結びつくので、小麦粉と混ぜてこねている間にグルテンを壊すかもしれません。
麹で糖化させることも可能。アルコール発酵と並行で(笑)

身近な植物の利用:繊維


☆葛の繊維、その光沢

葛の繊維
葛と綿の織り 葛と綿の織り

畑でなくともミニトマト

ミニトマト袋栽培
一昨年採取の貴重な種を4月撒き加温なし。庭土・赤玉・腐葉土、かきがら石灰、生ごみたい肥、その他のたい肥。6月上旬、ようやく第一花房のつぼみ。
ミニトマト袋栽培
開花後40日くらいかかって、ルビー色に。ワイルドチェリーです。