調和の暮らし Mandala Life 

page1 page2

日用雑貨 手作り

☆竹 日用品

竹小物
箸箱、爪楊枝入れ、ペーパースタンド、カスタネット、エンピツ立て、鍋敷き、コップ、 耳かき。
竹ざる
水切りができる形状のものを笊(ざる)いう。カビやすいので節間を開けている。巻篠のかわりにカラムシ(苧麻)の皮。
かざぐるま
前後のストッパーには、最も簡単な方法として、邪道ですが市販のビーズを使用。ビーズの穴にぎりぎり入る太さに竹を削り、ぎゅっと押し込む。
羽は、障子紙を絵具でテキトーに色づけし、ろう引きして(屋外に設置のため)はっ水加工。羽の形状によってまわり方が全然違います。
竹カトラリー
竹を成形する作業は手が痛くなる。竹は固い、というのがよく分かる。
扇子ケース
和紙のケース。布だとサッと出し入れできない。紙だとゴワゴワ。和紙はちょうどよい形状保持感。ハトメ部分に紐などを通してバッグにかけられるようにした。
竹と葛のタッセルに竹輪と和紙
葛繊維、ビーズ、竹、和紙

☆加熱して曲げを固定

竹製トング
竹は油分を多く含んでいます。ガスコンロで曲げたい箇所を加熱。すぐ曲がり始めますが力加減が強いと割れます。厚みがあるとハンガーくらいに曲げるのがやっとですが、2ミリほどに剥ぐと、容易に曲がります。
長さ16㎝ほどのトング。彫刻刀でうっすらと山型と丸型にカット。厚みがあると弾力が強すぎ掴むのに力がいるので、曲げの部分だけ厚さを薄く細くしました。
→時間が経過すると、だんだん曲げが戻っていきます。そのたびに曲げ直すと、劣化していきます。やがては壊れるでしょう。

野草

身近な植物の利用:繊維


☆葛の繊維、その光沢

掛川手織葛布組合より葛芋(くずお)の作り方の手引きを入手しました。現代における有用性や商業性としては、かなり難しい感じがしましたが、心ある文化・伝統の技として残ってほしいです。 葛の繊維
葛と綿の織り
葛と綿の織り

アカソの繊維
アカソ皮
夏に採取、皮を剥いで乾燥。長さは50センチほどで短いですが紐として使用。採取したまま保存するという説もあるようですが、皮を剥いでおかないと乾燥してから中の芯が取れない。

古布

繊維は機能的で扱いやすい素材がどんどん開発されている。しかし、作っては捨てるサイクルが早過ぎ。着物生地、平織りの布は薄くて伸縮しないので、着るものにするには利用が限られ、普段着はなかなかできない。洋服のお直しやリメイクができればいい。 着物リメイク
着物リサイクル店で生地を入手。サマーウールで薄手。柄は琉球絣。「トゥイグァー」(鳥)の絵図が特徴。
脱着のため下から10㎝ほどまで開くジッパー式。下の留め具がないことに気づいて(笑)全開にできなかった。首がちくちくしないように、手拭いを切って当て布をした。

脱プラスティック 海洋汚染 海洋生物の危機

日本はG7サミットにおいて、アメリカと共にプラスチック憲章に署名しなかった(2018年夏)ですが、深刻さは受け止めています。早急に変化を起こすことは約束できない、ということです。
プラスティックスマートby環境省
自然環境のなかでまわりめぐって、すべてのいのちに影響を与えます。もちろん人間にも逃げ場はありません。私たちは、これでようやく循環という宇宙法則を身をもって知るでしょう。